秋元順子がバースデーコンサート開催 新曲「いちばん素敵な港町」など13曲を熱唱

2021年06月30日 17時07分

熱唱する秋元順子

 歌手・秋元順子(74)が30日、東京・江東区のティアラこうとう大ホールで「秋元順子 バースデーコンサート~昭和ロマネスク」を開催した。

 毎年、6月21日の誕生日に合わせてバースデーコンサートを行っているが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止。今年はソーシャルディスタンスを保ち、約1200席の客席を半分の約600席に減らして開催した。

 コロナ禍でも熱烈なファンが詰めかける中、2008年1月発売の大ヒット曲「愛のままで…」をはじめ、昭和歌謡をカバーしたニュー・アルバム「昭和ロマネスク」の収録曲、新曲「いちばん素敵な港町」など全13曲を熱唱した。

 誕生日を迎えたことに「お誕生日が来るごとに年齢が重なっていくと、私の宝物が増えていくという解釈でいます。そういう思いで今年もまたすばらしい宝物が増えました。今日ここで歌わせていただいていること自体、とてもすてきな宝物です。歌を歌うことでたくさんの方と出会い、先ほど歌わせていただいた『愛のままで…』も私の宝物です」と笑顔を見せた。

 港町を舞台にした大人のラブストーリーをマイナー調のメロディーに乗せて切々と歌い上げた新曲については「素敵な港町に長いこと暮らしてきた、そこにはたぶん素敵な愛があったと思うんです。私としては、人生を重ねた愛の歌として皆さまにお伝えしています」と話した。

関連タグ: