【将棋】王位戦七番勝負第一局 藤井王位が豊島竜王に完敗「正確に攻められ苦しい展開に」

2021年06月30日 16時30分

藤井聡太王位

 藤井聡太王位(18=棋聖)に豊島将之竜王(31=叡王)が挑む、将棋の王位戦七番勝負第一局・2日目が30日、愛知県・名古屋市で行われ、豊島竜王が104手で勝利した。

 将棋は1日目から豊島竜王有利に傾き、2日目に入ってもそのまま優位を保ち押し切った。解説の深浦康市九段も「こんな藤井さんを見るのも珍しい」と驚くほどで、大きな見せ場も作れずに敗れた。1時間40分もの持ち時間を残しての投了も異例と言える。

 藤井王位にとって、豊島竜王は過去1勝6敗と大きく負け越している“天敵”。この対局でも豊島竜王らしい正確な差し回しと冷静な読みで藤井王位の粘りを許さず完勝した。

 対局後、藤井王位は「正確に攻められて苦しい展開になった」と振り返った。

 藤井王位は豊島竜王の持つ、叡王への挑戦者でもあり、王位戦を含め、「藤井・豊島の12番勝負」として注目が集まっている。また、藤井王位は竜王に挑戦する可能性もある。仮に竜王戦挑戦者となると竜王戦七番勝負を加え、前代未聞の同一カード19番勝負となる。すでに、渡辺明名人との棋聖戦も始まっており、過密スケジュールの中、藤井王位の体調管理も今後の課題となりそうだ。

関連タグ: