丸山穂高議員 314万円ボーナス〝お金配り〟「3分の2を医療機関、3分の1はプレゼント」

2021年06月30日 17時22分

丸山穂高氏

 30日に314万円のボーナスを支給されたことを報告した丸山穂高衆議院議員(37)が、ツイッターで前回同様「お金配り」をすることを明かした。

 丸山議員は動画を添付した上で「前回と同様、国会議員ボーナスから7名の方へ10万円ずつお渡しします。7月7日までに①丸山をフォローして②このツイをリツイート③希望する使い道をコメントか返信で記載して下さい。丸山のDMが届けば話を前へ。必ず事前に添付説明文や次のyoutube動画を確認下さい」と解説。

 動画では国会議員の給与が世界的にも高額すぎることを訴え、この問題を周知してもらうために1万リツイートを条件に、所得税を引いた手取り211万円の内、3分の2を合法的な形で医療機関に寄付、残り3分の1を7人に10万円プレゼントすることを明かした。

 さらに議員の高額給与について「現行法は国へ返納できないルール、議員賞与減らしたら賄賂ガーとか実は違うよ、逮捕されてた議員や自分達は銀座行ってた議員さんらにもボーナス全額出てる、合法にお金配りは出来る、等」と矛盾点とお金配りの理由を解説。

 その上で「議員給与もある中、このコロナ禍で議員へ300万超えの高額“ボーナス”はないなぁ」と改めて嘆いた。

関連タグ: