【池袋暴走事故】飯塚幸三被告と遺族が公判で”対決” 松永拓也さん「彼に刑務所に入ってほしい」

2021年06月21日 17時53分

公判後に会見した松永拓也さん

 刑務所に入ってほしい! 2019年に東京・池袋で起きた暴走事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われている飯塚幸三被告(90)の公判が21日、行われた。事故で妻の真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(同3)を失った松永拓也さん(34)が直接、飯塚被告に質問した。

 公判後の記者会見で松永さんの表情は険しかった。「加害者を心から軽蔑しました。証拠を突きつけられても『自分は悪くない』と考えを変えることができない。正直むなしい」と胸の内を明かした。

 飯塚被告に証拠の中にある2人の写真がどんなものかを尋ねたら、クリスマスと遊園地の写真だったとの返事だったという。妻と娘の名前を聞いたら、名前こそ分かったが、莉子ちゃんの漢字が分からないと返答が来た。松永さんは「そんな写真ない。莉子の漢字が難しいですかね?」と悔しさをあらわにした。

 真菜さんの父親も質問に立ち、事故後の2年間の生活について聞いたが、飯塚被告は「リハビリが大変だった」と話し出したという。「そんなこと聞いてない。本当に自分中心なんだな」と松永さんはあきれ果てた。

 そして、松永さんは「今日は自分の感情に従うと決めてきた。今日は言います。私は彼に刑務所に入ってほしい」と言い切った。

 次回公判は7月15日に予定されている。

関連タグ: