黒沢年雄が恩人・寺内タケシさんに感謝 弟・ヒロシの「3年目の浮気」大ヒットは「寺内さんのおかげ」

2021年06月20日 15時39分

黒沢年雄
黒沢年雄

 俳優の黒沢年雄(77)が19日、ブログで18日に亡くなった“ギターの神様”寺内タケシさん(享年82)の思い出をつづった。

 黒沢が初めて寺内さんと会ったのは54年前の東宝映画「エレキの若大将」だったという。加山雄三主演の大ヒット作で共演したのがきっかけだ。

「寺内タケシさんは僕の生まれ育った同郷の横浜なので、気が合い、暫くの間お付き合いさせて頂きました。その縁もあり三番めの弟がアマチュアバンドをやっていた事もあり、僕がお願いして事務所に入れて頂きました」と弟の面倒を見てもらったことを明かした。

 その弟というのが、ヒロシ&キーボーの黒沢博で「弟が世に出た恩人が、寺内タケシさんのお陰である」と、結果的に寺内さんのおかげでミリオンヒット曲「3年目の浮気」が生まれたとしている。

 続けて「その後、寺内タケシとブルージーンズで大活躍したのは言うまでもない…エレキギターの天才だったと思います」と寺内さんの偉大な功績をたたえた上で「今更ながら、弟をこの世に出して頂き本当に有難うございました。心よりご冥福をお祈りいたします…合掌」としのんだ。

関連タグ:

ピックアップ