【東京五輪】「有観客」にこだわる橋本聖子会長「リスク払拭を最後まで探るのも組織委の仕事」

2021年06月18日 20時45分

専門家ラウンドテーブルの冒頭であいさつする橋本聖子会長(代表撮影)
専門家ラウンドテーブルの冒頭であいさつする橋本聖子会長(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)と武藤敏郎事務総長(77)が18日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会・尾身茂会長(72)ら専門家有志との会合を経て、会見を開いた。

 橋本会長は「最重要課題となっていた観客の扱いについて、判断が必要なタイミングが近づいて参りました」として、尾身会長から「無観客が最もリスクが低いので望ましい」との提言を受けたことを説明。その上で「より感染をリスクを避けていくには無観客が望ましいと思っていますが、他方で観客を入れた場合についての提案も示されました。やはり様々な競技大会、Jリーグ、プロ野球などがしっかりとしたエビデンスを作り上げてこられた実績がある」と話した。

 東京大会について「特別なもの」と表現した橋本会長は「無観客も覚悟しておかなければいけない」と言いつつも「五輪・パラリンピックを最後まで見たいという観客の方がいる限り、そういったリスクがどれだけあり、できるだけリスクを払拭することを最後まで探るというのも組織委員会の仕事。安全を確保した上で安心につながっていくのであれば、できる限り努力をして他のスポーツと同様に少しでも多くの方に観戦していただきたい」と有観客へのこだわりを見せた。

 観客数の上限については週明けの21日に国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、日本政府、東京都との「5者協議」で最終決定するとみられる。

関連タグ:

ピックアップ