V6岡田准一 “お父さん”化 平手友梨奈に小言連発「髪の毛ちゃんと上げたほうがいいよ」

2021年06月18日 19時25分

左から江口カン監督、佐藤二朗、山本美月、木村文乃、岡田准一、堤真一、平手友梨奈、安藤政信
左から江口カン監督、佐藤二朗、山本美月、木村文乃、岡田准一、堤真一、平手友梨奈、安藤政信

 V6の岡田准一が18日、都内で行われた主演映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」の公開初日舞台あいさつに、共演した堤真一、木村文乃、元欅坂46の平手友梨奈、佐藤二朗、江口カン監督らと参加した。

 2019年に公開された「ザ・ファブル」の最新作。「普通の生活」を送ろうと奮闘する、殺し屋休業中のファブル改め、佐藤アキラ(岡田)が極悪非道な男たちとのバトルを描くアクションストーリーだ。

 司会者から共演者の意外な素顔を聞かれた岡田はこの日、平手と共に出演したラジオの収録現場での話を明かした。岡田は「(平手が)髪の毛を下ろして、あまり顔が見えないようにしていたんです。ちゃんと上げてきたほうがいいよと言った」という。舞台あいさつで髪の毛を上げてきた平手を見て岡田は「いま全力で髪を上げていますね」言うと、平手は「その話、嫌だったんですよね」とポツリ。「ちゃんと言うことを聞きました」とはにかんだ。

 この岡田は撮影現場で、平手から「お父さん」と慕われていたという。岡田は「ごはんを食べなさいとか、髪の毛上げなさいとか、ずっとお父さんみたいなこと言っていました」と笑顔を見せた。

関連タグ: