山尾志桜里議員が衆院選不出馬を表明 新たな目標のために「政治という磁場を離れる」

2021年06月17日 16時24分

数々の疑惑も報じられた
数々の疑惑も報じられた

 国民民主党の山尾志桜里衆議院議員(46)が17日、自身のユーチューブチャンネルで「今回の任期で政治家としての一区切り」として、次の選挙に出ないことを表明した。

 山尾議員は「2009年に国会議員となって12年、現職として10年と務めたことになります。微力ながら10年かけていくつかの役割を果たすことができました。一方、10年かけて次の10年でもできないと思います」と議員職を離れる一因を説明。
 
 さらに「自由と民主主義と法の支配」の重要性を訴え「日本のふるゆわ立憲主義」の負の側面を指摘。立憲的改憲や人権問題を確たるものにするためには「政治という磁場から離れた方がよりよく実現できると思うようになった」としている。

 これにはタレントで作家の乙武洋匡氏もツイッターで「え、山尾さん次の選挙出ないのか。。。」と驚きの声を上げている。

関連タグ:

ピックアップ