読売テレビがフジテレビの謝罪受け入れる 番組内容酷似問題

2021年06月17日 14時52分

読売テレビ
読売テレビ

 読売テレビは17日、同局が放送した番組の内容と、フジテレビが放送した番組の内容が酷似していた件について、フジテレビから謝罪を受けたと発表した。

 フジテレビは2月7日に「超絶!THEサバイバル」を放送。「フロントガラスが吹き飛び機長が外に」「前輪が横向き」と題した2つのコーナーの内容が、読売テレビが2018年3月22日に放送した「体感!奇跡のリアルタイム」の内容と酷似していた。

 いずれも実際にあった航空機事故を扱ったものだが、VTRの構成やナレーション、文字スーパーの表記がほぼ同じで、使用されたCGも酷似していたため、読売テレビは「超絶――」の表現に問題があると判断。フジテレビに見解を求めたところ、番組内容が酷似したことを認める謝罪文書が届いた。フジテレビから再発防止を徹底するとの意向が示されていることから、謝罪を受け入れたという。

 読売テレビは「今回、視聴者の皆様に混乱を招くことになったのは誠に遺憾です。当社では、コンテンツ管理について、今後さらに適切に対応してまいります」とコメントした。

関連タグ:

ピックアップ