川口葵が〝諦めない心〟でつかんだシンデレラ・ストーリー「人生が180度変わった」

2021年06月15日 11時00分

映画「ショコラの魔法」に出演した川口葵

 昨年、日本テレビ系「幸せ!ボンビーガール」で〝番組史上最大級の美女〟として話題になった川口葵(22)。スカウトをきっかけに芸能界デビューし、バラエティー、CM、ドラマで活躍中だ。18日公開の「ショコラの魔法」で、銀幕デビューを果たすことも決まった。まさにシンデレラ・ストーリーを体現する川口は「人生が180度変わった」と告白。経験を踏まえ、夢を追う上京ガール&ボーイに〝諦めない心〟の大切さを訴えた。

 ――映画は初出演

 川口 私は2日間撮影があったんですけど、緊張で気づいたら終わってた感じでした(苦笑い)。監督さんが「何回も撮り直せるから」と声をかけてくださって、緊張がほぐれました。でも、活舌が悪くてセリフに10テークぐらい重ねてしまって。岡田結実さんとは撮影の合間にもお話をさせていただいたんですけど、緊張で内容を覚えてないくらいドキドキでした。

 ――5月に放送終了したABEMAの恋愛リアリティーショー「恋とオオカミには騙されない」への出演も話題に

 川口 声をかけていただく機会が増えました。この前、駅で女子高生に囲まれて、恥ずかしかったです(笑い)。「オオカミ」を見ていたみたいで、泣きそうな顔になりながら「応援してます!」と言われて。知っていただいて、すごくうれしかったです。

 ――昨年「ボンビーガール」の東京で物件を探す女性に密着する企画「上京ガール」に出演。〝番組史上最大級の美女〟として注目され、芸能事務所にスカウトされた

 川口 番組では半年くらいずっと密着していただいて。あっという間で気づいたら1年たっていた感じです。でも、いまだに現場で自分がテレビなどで見ていた人がいることが不思議で…。まだボンビーガールのころと感覚は全然変わってないんです。芸能界はもっと怖い世界をイメージしていたんですけど、毎日楽しい。普通に働いていたときには経験できないことばかりなので。

 ――もともと芸能界に憧れは持っていた

 川口 昔から興味はあって高校2年生のときにフジテレビさん主催のオーディションで、ファイナリストにはなったけど、受からなくて。その後に事務所に履歴書を出したりしたけど、全然決まらなくて、働きながらお金をためてました。そんなときにボンビーガールを見てて応募しようと。

 ――上京して良かった?

 川口 良かったです! 生活も人生も180度変わりました。

 ――ちなみに今もボンビーガール?

 川口 上京したときよりは、ちょっとボンビーガールじゃなくなりました…ちょいボンビーガールですかね(苦笑い)。もともと洋服が好きで高いのは無理ですけど、かわいいと思うのを買ってしまってます。

 ――川口さんのような上京ガール&ボーイに伝えたいことは

 川口 実は私のSNSに相談があるんです。「親とかにも言えないです」みたいな内容で。私は上京したいという思いをごまかし続けるのが嫌で、オーディションを受け始めた。後で後悔をすると思うなら「オーディションを受けるのは無料だから」といつも言っています。かかっても切手代くらいですし、ネットでも応募できる。私はケータイをイジってる時間を履歴書を書く時間にしてました。

 ――改めて、上京して良かったですか

 川口 はい

 ――ほんとですか?

 川口 本当です!(笑い)。毎日、楽しいですから。

【映画「ショコラの魔法」】少女漫画が原作で、不思議なチョコレートを提供する屋敷を舞台にしたファンタジーホラー。元NGT48・山口真帆と女優・岡田結実の共演で話題だ。山口は願いをかなえる不思議なチョコレートを作る主人公の魔女・哀川ショコラを演じ、岡田はそのチョコレートがきっかけで起こる難事件を追う新聞部員・飯田直を演じる。川口は直のクラスメートで、同じ新聞部員という役どころだ。

☆かわぐち・あおい=1998年11月26日生まれ、兵庫県出身。昨年6月、日本テレビ系バラエティー番組「幸せ!ボンビーガール」に出演して話題となり、芸能界デビュー。昨年、日本テレビ系「極主夫道」でドラマ初出演。今年5月には「K―1甲子園2021&K―1カレッジ2021応援サポーター」に就任した。

関連タグ: