ロバート秋山 “上杉みち君”で世界進出も…思わず本音「こんなのどう思うんだよ?」

2021年06月08日 21時10分

上杉みち君(ロバート秋山・左)と安達祐実

 ロバート秋山自身が一番、世界進出に不安!? 女優の安達祐実(39)とお笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次(42)扮する天才子役の上杉みち君(6)が8日、都内で行われた「クリエイターズ・ファイルGOLD世界配信記念イベント」に出席した。

 秋山が様々なクリエイターに扮する人気の「ザ・クリエイターズ・ファイル」。ユーチューブの登録者数は60万人目前で、総再生回数は1億3000万回を超える。そしてネットフリックスのオリジナルシリーズ「クリエイターズ・ファイルGOLD」として30以上の言語に翻訳され、190か国で配信されている。

 世界進出の感想を問われたみち君は「うれしい。でも、どうやって世界の人が見るの? こんなのどう思うんだよ?」と不安を口にした。

 安達とみち君は映画「ママのドアtoドア」で共演。安達を相手に大柄なみち君を子供のサイズ感で撮るために遠近法で撮影。「遠近法の子供の役って、どうやって伝えるんだよ。そのニュアンス伝わるのかなぁ? そこ伝わらなかったほぼ無理だよ。ぼくが遠近法じゃないと仕事ができない特殊な俳優ということをちゃんと説明してくれてるのかな」と嘆いた。 

 さらに「(この会見でも)みなさんの協力をいただいているから子供でいられるわけで。それをとっぱらうと、僕は普通に42の腰痛持ちのオッサンなんで」と明かし、笑いを誘った。

 反響について、みち君は「結構『見たよ』っていう人もいた。8人ぐらい(笑い)」と話した。安達も反響について「そうですね、8人ぐらい(笑い)」と息ぴったりのところを見せていた。

【関連記事】

関連タグ: