カトパン“電撃婚”インタビューに向かったフジ・榎並大二郎アナ 壮絶オチに絶句

2021年06月08日 15時03分

同期の結婚を祝いつつ自らの勘違いをユーモラスに伝えた榎並アナ

 元準ミスター慶応で、フジテレビきっての肉体派イケメンとして知られる榎並大二郎アナウンサー(35)が8日、インスタグラムのストーリーズを更新。まさかの「加藤」違いで早合点してしまったと報告した。

 7日、同期入社のフリーアナウンサー“カトパン”こと加藤綾子(36)が、結婚を発表した。榎並アナはこの“吉報”に気分よく会社に向かっていたところ、ケータイに連絡があり「加藤さんに話を聞きます」と告げられ「ええ!?」と驚いたという。

 榎並アナは同局の夕方のニュース番組「Live News イット!」で、加藤アナとともにメインキャスターを務めている。

 そのため「共演者にインタビューとは斬新だなぁ」「馴れ初めとかプロポーズの言葉とか、面と向かって聞くのはなんだか照れくさいなぁ」と頭を悩ませたというが、現場に向かうと現れたのは、なんと元棋士でタレントの“ひふみん”こと加藤一二三(81)だった。

 藤井聡太二冠(18)について、話を聞いたのだという。藤井二冠は6日に始まった将棋の「棋聖戦」(五番勝負)第1局で、現在最強と言われる挑戦者の渡辺明名人(三冠=37)に先勝した。

 藤井二冠があと2勝して防衛に成功すると、最年少で九段に昇段する。これまでの最年少記録は渡辺名人の21歳7か月で、これを2年以上縮めることになる。第2局は今月18日に兵庫県で行われる。

 ちなみに、榎並アナは野球や水泳で鍛えた褐色の細マッチョボディーがトレードマーク。2014年にタイの反政府デモを取材のため現地を訪れた際、そのイケメンぶりが現地の女性を中心に話題になり“スター”となった。榎並アナの妻は「JJ」「AneCan」「美的」などで活躍し、現在は美容研究家としても活動中のトップファッションモデル・有村実樹(35)。

関連タグ: