【東京五輪】ホームページの竹島表記問題で北朝鮮も参戦 ”同胞”の韓国を擁護 

2021年06月05日 15時29分

北朝鮮の金正恩総書記(ロイター)

 東京五輪ホームページにおける竹島(韓国名・独島)の表記問題で、北朝鮮が〝参戦〟して日本政府を猛批判した。

 今回の問題を巡っては、東京五輪の公式ホームページ上に記載されている竹島を韓国側が問題視して削除を要求。修正に応じなければ東京五輪のボイコットも辞さない構えを見せている。

 そうした中で、ついに北朝鮮まで首を突っ込んできた。

 北朝鮮の国営メディア「朝鮮中央通信」が「日本の行為は、親善と団結を象徴する神聖なオリンピック競技大会を領土強奪の野望の実現に利用しようとしている」と糾弾。「〝我々〟の国の自主権を蹂躙する容認できない挑発だ。日本のようにスポーツに対する世界の人々の関心と熱気を、自国の侵略野望の実現に利用しようとする国は見当たらない」と厳しい言葉を重ねて猛批判を展開した。

 さらに同メディアの追及は止まらない。「海洋資源が豊富で、軍事戦略上で重要な位置にある独島を必ず強奪しようとする日本の下心は火を見るよりも明らかだ。危険水位はさらに高まって看過できない状況に至っている」と反日姿勢を鮮明に打ち出しながら〝同胞〟である韓国を擁護した。

 すでに北朝鮮は新型コロナ禍を理由に東京五輪のボイコットを表明しており、今回の問題に横やりを入れてきたことで韓国も続く可能性が高まってきそうだ。

関連タグ: