小池都知事 都議会で五輪の無観客開催やPV実施の身内質問を“ほぼスルー”

2021年06月02日 16時02分

小池百合子東京都知事

 東京都議会で2日、代表質問が行われ、小池百合子東京都知事が東京五輪・パラリンピックについての〝身内〟からの質問をほぼスルーした。

 代表質問のトップバッターは小池氏が特別顧問を務める「都民ファーストの会」の荒木千陽都議だった。小池氏の元秘書でもある。荒木氏は東京五輪・パラリンピックについて問いただした。

 1つ目は無観客開催や再延期などの可能性をIOC(国際オリンピック委員会)や組織委員会に検討を求めるべきではないか、2つ目は無観客開催なら子供の観戦事業とパブリックビューイング(PV)は見直すべきではないかというものだ。

 PVは代々木公園などで予定されており、人を集めるとして批判されている。子供の観戦事業もコロナ禍で運動会や修学旅行が中止になっていることもあり、疑問の声が上がっている。

 小池氏は「大会を成功に導くためには安全安心な環境を整えることが最優先。実効性のあるコロナ対策をすることが重要」とし、「関係機関と連携して安全安心な大会に向け、着実に準備してまいりたい」と答弁した。

 再延期の検討を求めるのか、PVと子供の観戦事業を中止するかどうかの質問にはスルーを決め込んだ。小池氏の一存ではもうどうにもならないということなのか。

関連タグ: