EXILE・松本利夫が「地底人」とスポーツ対決 新体操にも挑戦

2021年06月02日 01時00分

「MATSUぼっち07」のゲネプロを行った松本利夫

 EXILEの松本利夫(46)が1日、東京・品川プリンスホテル クラブeXで舞台「MATSUぼっち07」(東京=2~6日、大阪=11日、高松=26日)のゲネプロを行った。

「ワンマンSHOW」とうたっている通り、出演者はほぼ松本一人。2010年に始まり、今回で7回目。本来なら去年行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた。

 ストーリーは東京で世界的なスポーツの祭典が行われている時期に、松本が地底人とスポーツで対決するというもの。サックスや新体操、チャンバラにチャレンジした。

 松本は「なかなか思い通りにいかない昨今の状況の中ですが、今できることを精一杯、そして挑戦し続ける気持ちをより強く明日から挑み、自分自身楽しみたいと思います」。

 緊急事態宣言は延長されていないとはいえ、徐々に元通りの日常を取り戻してきている。「エンターテインメントというものは必要なんじゃないかなと強く思っています。ライブ、生で体感するものを皆様にまた思い出していただいて、パワー、元気を持ち帰ってもらえたらなと思います」と語った。

関連タグ: