中止観測流れたが…小池都知事が「3徹」で五輪開催に意欲

2021年06月01日 15時15分

所信表明する小池都知事

 東京都議会の本会議が1日に開かれ、小池百合子東京都知事が所信表明を行った。小池氏が東京五輪・パラリンピックについて中止をブチ上げるとの観測が一時期流れたことがあったが、果たして何と言ったのか。

 小池氏は「開催への不安を感じる声は承知しています」とした上で、「安全安心な大会運営が最優先なのは言うまでもなく、とりわけ実効性のあるコロナ対策は重要になる。そのため来日人数の削減の徹底、行動管理・健康管理の徹底、医療体制見直しの徹底。この〝3徹〟の考え方のもと関係者とともに対策の具体化を進めている」と話した。

 観客を入れるかどうか議論があるが、「国内の観客についてはスポーツイベントでの条件・規制に準じることを基本としつつ、今月中に方針を示せるよう協議を詰めている」と結論を急ぐとしている。

 そして、「関係機関と連携して開催に向けて総仕上げを着実に行って、安全安心な大会運営に全力を尽くす」とキッパリ。中止や再延期を考えている素振りはないが…。

関連タグ: