黒沢年雄が大坂なおみにアドバイス「超有名人は心の広い化け者にならないといけない」

2021年06月01日 11時35分

貴重なアドバイスを送った黒沢年雄

 歌手で俳優の黒沢年雄(77)が1日、公式ブログを更新。会見拒否問題でテニス4大大会「全仏オープン」棄権を表明した女子テニス世界ランク2位の大坂なおみ(23=日清食品)に対し、アドバイスを送った。

 黒沢は「インタビューは…コート場だけにして欲しい…! 気持ちはわかるが…!? 試合後にコート場とは別の…記者会見やマスメディアへの応対の数々に不満…!」と切り出すと「しかし…その代償が…何億円も頂けるスターの宿命である…!」と指摘。

 ドラマ「ザ・ハングマン」シリーズ(テレビ朝日系)などに出演した自らの例を引き合いに出し、「僕にも体験があるが…! メディアの何十社から…同じ質問を繰り返し聞かれてた時代があった! 質問内容も…好きな食べ物は?好きなタイプは? 本題からかけ離れた…実にくだらない質問ばかりだ…! しかしそれも有名人の宿命…!」と伝えた。

 そして「マスコミとは…持ちつ持たれずの間柄だ…。スポンサーも…人気があるから多額に契約するのだ…!」と優しく諭し「大坂なおみ選手は…年間60億円を稼ぐ有名人! スターの宿命である…。超有名人は…化け者! 精神も常識を超えた…心の広い化け者にならないと生きて行けない存在なのです…」とスターの条件を説いた。

 最後に「大坂選手は…年齢も!思考も間違ってはいないが…やっぱり…若い!」と、騒動は若さゆえに起きてしまったとの見方を示した。

関連タグ: