リトグリ・芹奈が病名「双極性障害」「ADHD」を公表「誰かの1秒でも1日でも救えたら」

2021年05月31日 18時42分

病名を公表したリトグリ・芹奈

 女性コーラスグループ「Little Glee Monster」(リトグリ)の芹奈(22)が「双極性障害」「ADHD」と診断され治療を受けていることが31日、わかった。所属のワタナベエンターテインメントが明らかにした。

 昨年から体調を崩し休養している芹奈とスタッフで話し合いを重ね、病名を伝えることに決めたという。

 マスコミ宛てファクスで「芹奈は『双極性障害』『ADHD』と診断されており、医師の指導により休養の上、治療を続けております」と報告。「同じ病気を抱えている方たちに少しでもお力になれれば、という本人の強い想いで、病名と病状をお伝えさせていただくことと致しました」と説明している。

 また「穏やかにではありますが回復しており、活動再開に向けて着実に前に歩みを進めております」と現在の病状を伝えた。

 芹奈は「どんな時でも自分らしくいることが大切なのではないか。隠すことなく恥じることなく。私の姿が、どこかの同じ誰かの1秒でも1日でも救えたら。その想いで発表することを決めました。また皆さんの元に戻れるように、待っていてください」とコメントを寄せた。

 リトグリは「君といれば」を6月9日にデジタル配信のみでリリース。芹奈も復帰に向けて動きだし、6月中の新曲配信を予定している。

関連タグ: