ギャル曽根が〝母の顔〟「お母さんの味を覚えてほしいので手料理」

2021年05月26日 15時15分

ギャル曽根

 タレントのギャル曽根(35)が26日、都内で東レ株式会社の新浄水システム「トレビーノ ブランチ」新製品発表会に出席した。

 シンク下に設置する同社の新浄水器をお披露目。タッチ&センサーや、海外製の水栓にも備え付けられ、通水操作だけで浄水に切り替えられる。

 水道水が浄水に切り替わると、音で合図する機能も搭載。ギャル曽根は「ハンバーグとかこねた後でも使える。わかりやすくて使いやすい」と絶賛した。

 普段の料理のポイントについて問われると「料理は全部浄水で」「買ってきた野菜は全部必ず水洗いして。子供が小さいうちは、お母さんの味を覚えてほしいので(食事を)手作りするように心がけている」と語った。

 さらに「子供たちの体を作るのが私の役目。子供たちから食事のリクエストをもらうとうれしい」とママの顔を見せた。

 会場では浄水で、素麺を使った冷麺の調理を実演。自ら完成品を実食すると「雑味がまったくなくて、だしの味が引き立っている。いつもよりおいしいかも!」と声を弾ませた。

関連タグ: