爆笑太田が〝ガッキーロス〟に異論「星野源も同じ位スター」「『百恵友和』思い出した」

2021年05月26日 09時54分

左からガッキー、星野源

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(56)が25日未明放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で〝ガッキーロス〟に物申した。

 俳優・星野源(40)と新垣結衣(32)の電撃婚に祝福ムード一色の中、爆笑問題も声を揃えて「源ちゃん、おめでとう!」と祝福。相方の田中裕二(56)は「いままで一回も源ちゃんなんて呼んだことないよ」と苦笑いで突っ込むも、爆笑の2人もうれしそうだ。

 同番組の裏番組が「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、太田は「戦友みたいなもの。ずっと裏、表でやってきたから。きょうも生放送でやろうと思ったけど、邪魔しちゃいけないから。源ちゃん! 邪魔しないよ」とライバルながらも、認めている。

 そんな中で日本中が「ガッキーロス」となっていることに、太田は不満があるという。

「世の中的にはガッキーロスみたいになってるけど、俺は『百恵友和』を思い出した」と、大きな注目を集めた1980年の歌手・山口百恵と俳優・三浦友和の結婚を引き合いに出す。

「あの時、百恵ちゃんばっかり言われたじゃん。源ちゃんとガッキーは同じぐらいスターだから。俺は余計なおせっかいなんだけど、もっと星野源に(注目が集まってもいい)」と太田。

 その後は深夜ラジオらしい、ギリギリトークを交えながら、2人にまつわる思い出話に花を咲かせる。

 あまり爆笑と星野は交流がないそうだが、太田は「結婚式でなきゃいけないかなーめんどくさいなー」とボケて笑わせた。

 あの「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングでのダンス「逃げ恥ダンス」も爆笑は踊ったことがあるそうで、田中は「爆チュー問題(2人が扮するネズミのキャラクター)でやったけど、最後まで踊れなかった。全然だめ、あれ、難しいんだよねー」と懐かしそうだった。

関連タグ: