元乃木坂46・伊藤かりんが顎変型症の手術終了「わりと元気」

2021年05月25日 16時30分

手術を終えた伊藤かりん

 元乃木坂46の伊藤かりん(27)が25日、ツイッターで顎変型症の手術を終えたことを報告した。

 伊藤は19日に自身のYouTubeチャンルで顎変型症の手術を行うことを公表。顎変型症も様々なタイプがあるが、伊藤は下顎前突症、いわゆるシャクレであることを明かし、以前からかみ合わせが悪く悩んでいたという。そのため自身で調べ2019年から矯正を行い、保険適用で手術ができることを知り、今回、手術を行うことになった。

 伊藤は「みんなー!無事手術終わったよ!術後かなーーーーーりしんどいって聞いてたんだけど、少し痛みある程度でわりと元気(笑)」と明るい文体で報告。

 今回はアゴの骨を切る手術を行い、2週間程度入院するということで「また落ち着いたら経過報告します」とつづった。

関連タグ: