“ガッキーロス”で注目集まる深田恭子のXデー 無駄肉排除“極限ボディー”の意味

2021年05月25日 11時30分

美味しそうにイチゴをほおばるフカキョン

 ますます進化した! 女優・深田恭子(38)が24日、「熊本復興応援『キリン午後の紅茶』新商品&新プロジェクト記者発表会」に出席した。
 アンバサダーを務める深田が真っ赤なノースリーブドレスで登壇すると、会場は一気に華やかな雰囲気に。ブランド初の国内復興応援型商品として「キリン午後の紅茶 for HAPPINESS熊本県産いちごティー」を6月1日から全国で、数量限定で発売することにちなみ「イチゴということで赤を着させていただきました」と笑顔を見せた。

 注目されたのはノースリーブドレスからのぞく“美腕”だ。二の腕は、うっすら筋が見えるほど引き締まっており、まるでアスリート。ネットのコメント欄にも「筋肉隆々としてるなぁ!」と驚きの声が上がった。

 深田といえば肉感的なボディーがウリだった。しかし先月、スマホRPGゲームの新CM会見にワンショルダーのボディコン衣装で登場するとネット上には“激ヤセ説”が浮上。しかし今回、38歳とは思えない、進化した筋肉を披露した。

 肉体改造のきっかけは、フジテレビ系ドラマの映画版「ルパンの娘」(10月15日公開)の役作りのためといわれている。関係者によると「もともと太りやすい体質なので、かなりストイックにやっているそうです」。

 深田と言えば、2019年1月に実業家S氏との交際が発覚。一部で結婚秒読みと伝えられたが、その後は音沙汰なく、最近になって“破局説”も報じられるようになった。深田を知る関係者によると「新型コロナが拡大する以前の19年夏ごろ、S氏のルートから『結婚発表する時は〇〇に最初に報じてもらう』といった具体的な話が耳に入るようになりました。ところが、待てども発表はなし。改めて問い合わせたところ、以前のような“前のめり感”はなく『ちょっと予定が変わった』と言われたそうです」という。

 先日、女優の新垣結衣が電撃結婚し、男性ファンの間では綾瀬はるか、長澤まさみらと並び「次は深キョンか」と不安の声が上がっている。肉体改造は仕事の専念の表れか? ガッキーロスが癒えるまで“みんなの深キョン”でいてほしいところだ。

関連タグ: