伊原剛志「外で歩いてるだけの人はマスク要らない」論に活気づくノーマスク派

2021年05月24日 11時30分

伊原剛志

 ノーマスク派が活気づいている。新型コロナウイルスの第4波はなかなか収まる気配をみせていない。ワクチン接種はまだこれからという段階で感染対策は必要不可欠だが…。

 そんな中、俳優の伊原剛志(57)のツイートに注目が集まっている。伊原は「何で外でマスク? 外で歩いてるだけの人はマスク要らなくねぇ? 俺はしない!」と22日にツイート。街を歩けばマスク姿だらけの現状に思うところがあったようだ。

 ツイートには「車1人で運転しとる時もマスクいらないと思うんですけどしてる方多いですよね」「1人で歩いている時にマスクは必要ないと思います」という賛同の声もあれば、「人とすれ違うことが多い場所ならしたほうがいいと思います」「影響力ある人がSNSで宣言しないでください」という反論もあった。

 伊原は「マスクはした方がいい」というコメントを取り上げて、「だからマスクは場所によってだよ! 場所によって必要、不必要があんだよね」と訴えた。

 コロナ禍でマスクの話題はデリケートなものになっている。マスクをしていないことをめぐって暴力沙汰に発展したこともあった。ゴールデンウイークに行われたノーマスクピクニックには批判が殺到した。

 ノーマスクピクニックに参加した男性は「伊原さんのツイートに共感します。人混みの中ならともかく、人通りが少なく自分しかいないのならマスクはしなくてもいいでしょう。最近はマスク警察がうるさすぎます。今日も年配の男性に注意されたところです」と話した。

 ノーマスク仲間とは「次はノーマスクバーベキューをしよう」と盛り上がっているという。「伊原さんのおかげでノーマスク派は勢いづきますよ」(前出の男性)。ほどほどにしてもらいたいものである。

関連タグ: