デーブ・スペクター氏 東京五輪巡り提案「IOC解散してクラウドファンディングでやれば」

2021年05月23日 22時05分

デーブ・スペクター氏

 テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏が23日、ツイッターを更新。7月に開催が迫っている東京オリンピックに言及した。

 東京五輪開催を巡っては国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長(IOC副会長、71)が21日に会見を実施。会見で「大会開催中に東京に緊急事態宣言が出されたら、開催するのか?」と問われると「アスリートの安心・安全、最悪の状況を想定した上でテスト大会が成功裏に行われている。だから、その質問に対する答えはイエスだ」と発言していた。

 デーブ氏はツイッター上で「そもそも、何でアマチュア競技の大会に、そんなにお金がかかるのか疑問」と組織委員会が計上している1.6兆円について指摘。

 さらに「IOCなんか解散して、クラウドファンディングで五輪をやれば良い。中継はDAZNで視聴できれば十分。そもそも、若者の半分はテレビ見ないんだから」と提案した。

関連タグ: