永野芽郁が意外なスポーツ経歴を告白 「サッカーを投げる」発言に総ツッコミ

2021年05月23日 20時44分

永野芽郁

 女優の永野芽郁(21)が23日放送のバラエティー番組「笑神様は突然に…2021初夏SP」(日本テレビ系)に出演。意外な運動神経を赤裸々に告白した。

「チーム永野芽郁」と題し、女優の菜々緒(32)、広瀬アリス(26)とともに女子旅に参加。3人が思い思いにやりたいことを行った。

 永野は暗闇トランポリンフィットネスを希望。フィットネスクラブに移動するバス内で3人は過去の運動歴について明かした。

 広瀬は「家族が運動一家。私とすずはバスケットボールやってました」、菜々緒は「中学校3年間バレーボールでした」と紹介するなか、永野は「まったくやってきてない」と説明。

 かつて「全国高校サッカー選手権大会」の第11代応援マネジャーに就任していた永野が「サッカーとか前に投げても後ろにいくタイプでした」と述べると「サッカーを投げる?」とツッコミを受けて苦笑い。これにすかさず「蹴る、蹴るです」と訂正し「足首が曲がってるから、すくっちゃうんでしょうね」と不思議なボール軌道を自ら解説した。

関連タグ: