シバターが魔裟斗に“再土下座” ガン無視に耐えきれず…

2021年05月22日 20時30分

シバター(左)と魔裟斗

 人気ユーチューバーのシバター(35)が因縁の格闘家・魔裟斗(42)に〝再土下座〟した。

 シバターは、魔裟斗と格闘家・朝倉未来が動画でコラボした際に〝上から目線〟の魔裟斗に違和感を示し、自身のチャンネルでくさしまくっていた。その後は土下座で「1億円+勝利ボーナス1億円マッチ」をオファーしていたが、魔裟斗はまったく相手にしていなかった。

 シバターは22日にタイトル「魔裟斗さん、パチンコでいいので戦ってください」で動画を更新。画面に登場するなり、土下座で「魔裟斗さん、大変申し訳ございませんでした」とひたいを床につける。

 シバターが魔裟斗を挑発した理由は「(魔裟斗さんが)シバターとのコラボもいいよね、とおっしゃってくださって、うまいこと挑発して、うまい感じに盛り上がったら、魔裟斗さんとのスパーリングとか試合チックなことができるとか思って」との思惑があったそうだが、現在まで「ガン無視」(シバター)だという。

 魔裟斗にシバターに執着する理由は「僕のチャンネルが終わっているからなんです。RIZINブースト終わりました」と体裁関係なく、泣きを入れる。「家族を養うために動画の再生回数を稼がなくてはいけないんです~。パチンコでいいんで、『大工の源さん超韋駄天』で勝負してください~」とシバター。

「芸能人が適当にユーチューブ界に参入してきて、適当な動画出して稼げるのも、僕らユーチューブ第一世代がファンの母体を増やしてからなんです!なのに、なのに…」と自身が軽んじられる状況を訴えた。

 魔裟斗はシバターを救うのか?

関連タグ: