立川志らく“逃げ恥婚”に「ドラマと現実がごっちゃ」と混乱

2021年05月20日 11時31分

立川志らく
立川志らく

 ガッキーと源ちゃんの電撃結婚報道は「番組宣伝かと思った」――。

 新垣結衣(32)と星野源(40)の“逃げ恥婚”は、20日のワイドショーを席巻しまくった。コロナ禍、名優・田村正和さんの訃報など暗いニュースが多い中での久々のハッピーな話題だけに当然と言えば当然か。とはいえ、TBS系人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」では、すでに夫婦だっただけに、違った意味で驚いた人も多かったようだ。

“逃げ恥”を大ヒットさせたTBS系ワイドショー「ひるおび!」に出演した弁護士の八代英輝氏は「僕は最初、ネットニュースで見たとき“あれっ?新春スペシャルで結婚しなかったっけ?”って。ん、続編の予告かなって…。現実なんだって理解するまで、ちょっと間がありました」と目を丸くした。

 一方、人気落語家の立川志らくは「ドラマと現実がごっちゃになっちゃって。ドラマをやってるときはお付き合いしてなくて、新春の(スペシャル)その後っていうのはねぇ。じゃあその前の空間っていうのは、どういう思いでいたのか?とかね」と、素朴な疑問を投げかけた。

関連タグ: