〝文春砲〟被弾の山尾志桜里氏が14日に会見へ 一連の疑惑にどう答えるのか

2021年05月12日 16時07分

山尾志桜里氏
山尾志桜里氏

 国民民主党の山尾志桜里参院議員(46)が14日に国会内で行われる超党派の「人権外交を超党派で考える議員連盟」総会に出席した後、一連の疑惑に関して会見を開く意向を示していることが分かった。

「山尾氏はこのタイミングで説明責任を果たさないと、さらに印象が悪くなるでしょう。しかし報道陣の質問に答えてくれるのか、心配されています」(永田町関係者)

 山尾氏は「週刊文春」で議員パスの公私混同利用、倉持麟太郎弁護士(38)との交際継続、倉持氏の元妻Aさんの自死が報じられた。

 ツイッターで「今後このようなことがないように十分に気をつけてまいります。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪したが、その後はダンマリ。その姿勢にブーイングが起きていた。

 マスコミ関係者は「文春砲に見舞われた後の山尾氏は、マスコミを避けている印象だ。委員会に出席する時も、始まる直前に入ってきていましたからね」と語る。

 年内に行われる衆院選では比例東京ブロックの単独1位での立候補を表明。しかし、今回のスキャンダル報道で、逆風が予想される。

「山尾氏は選挙で玉木雄一郎代表らの全面的な支援を受けます。国民の税金から出ている議員パスの使用に関して何の説明もなく選挙に出るのなら、間違いなく苦戦します」(永田町関係者)

 山尾氏は会見で一連の疑惑への説明責任を果たすのか注目される。

関連タグ:

ピックアップ