吉村洋文府知事が〝諸悪の根源〟扱いに反発「全くの事実誤認」

2021年05月11日 16時46分

反論した吉村府知事
反論した吉村府知事

 大阪府の吉村洋文知事(45)が11日、新型コロナウイルスの感染拡大による大阪府の病床の逼迫を巡って「一番悪いのは大阪府知事」と発言した立憲民主党の枝野幸男代表(56)に反論した。

 枝野氏は10日の衆院予算委員会で、大阪の病床について「2回目の緊急事態宣言が解除された3月1日、重症病床の確保数215床を3割減らして150床に減らすという通知を病院に出した。病床不足に輪をかけた。明らかな大阪府の判断ミス」と指摘。「大阪府は朝令暮改そのもの。一番悪いのは大阪府知事」と吉村氏を名指しで批判した。

 この発言の受け止めを問われた吉村氏は「病床には確保病床と運用病床がある。確保病床はコロナ治療で確保してくださいという病床数で、病院と合意している。運用病床は感染者の状況に応じて、減らしたり増やしたりする。他の病気の治療もありますから」と説明。

 続けて「確保病床は減らしていないですから。あたかも確保病床を減らしたかのような指摘なんですけども、それはまったくの事実誤認ということを指摘しておきたい」と枝野氏や報道陣に苦言を呈し、「確保病床はずっと増えている」と反論した。

関連タグ:

ピックアップ