「おちょやん」から「おかえりモネ」にバトンタッチ 清原果耶「毎日撮影に来るのが楽しい」

2021年05月06日 21時04分

バトンタッチセレモニーを行った清原(左)と杉咲

 17日スタートの次期NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」のヒロイン清原果耶(19)が6日、東京・渋谷区のNHK放送センターで行われたバトンタッチセレモニーに登場し、現在放送中の「おちょやん」のヒロイン・杉咲花(23)からバトンを受け取った。

 昨年9月にクランクインした清原は「毎日撮影に来るのが楽しいです!」とにっこり。放送開始が近づき、緊張しているとしつつ「百音が生きていく中で出会う人々との関係性や、百音自身の成長に注目して見ていただければ、ドラマを楽しんでいただけるのかなと思います。あとは、やっぱり舞台地である宮城・登米と気仙沼の魅力を現地の方にも、そして全国の方にもたくさん届けられる作品になっているといいなと思います」とアピールした。

 そんな清原は恒例となっているプレゼント交換で「宮城県登米市 木工職人さん手作りのお盆」をプレゼント。杉咲を「最近は手料理などに興味がでてきて、お盆があるだけで食卓が豊かになるなと思っていたので、すごくうれしいです。大事に使います!」と喜ばせた。

 一方、杉咲から「おかえりモネ」の特製デザインの「のれん」が贈られると「のれんって、すごく趣があって私自身大好きなんです。『おちょやん』と『おかえりモネ』の作品の世界観が素敵に組み合わさっていてとてもうれしいです。さっそく飾りたいです!」と話した。

関連タグ: