三浦瑠麗氏 ベストマザー賞を受賞も「私がもらっていいのか」

2021年05月06日 16時40分

授賞式に出席した三浦瑠麗氏

 国際政治学者の三浦瑠麗(40)氏らが「第13回ベストマザー賞」を受賞し、6日に都内で行われた授賞式に出席した。同賞は一般投票で選出され、同氏は政治部門を受賞した。

 9歳の長女を持つ三浦氏は「私がもらっていいのかというのが最初の感想」と謙遜しながらも、長女に報告すると「いいママだと認めていただいた」とにっこり。

 その一方で「ただ、『ちょっとポンコツになる時があるよね』と。働いていて労働時間もすごい長い。夜にお酒を飲んじゃうと、酔っ払って遊んであげられなくなる」と告白。「(長女から)“ワインは2杯まで”と禁止令が出ている。最初は1杯だった。交渉で2杯になった」と笑わせた。

 例年、母の日は長野県にある別荘で過ごしているそうで「夫がハンバーガーを作るのが恒例」。今年もそうなる予定のようだ。

関連タグ: