大和田美帆「徹子の部屋」で母・岡江久美子さんの死を涙ながらに語る

2021年05月04日 13時53分

岡江久美子さん

 

タレント・大和田美帆(37)が4日、テレビ朝日のトーク番組「徹子の部屋」に出演。新型コロナウイルスにより、昨年4月に母でタレント・岡江久美子さん(享年63)を亡くして以来、初めて当時の状況や心境について涙ながらに語った。

 昨年4月23日に久美子さんが亡くなり、それから1年が経った。生前、久美子さんは同番組に8回出演したことがあり、子育てについて話したりしていた。

 美帆は「予想をはるかに超えた悲しみ。皆さんが死を経験しているなんて信じられない」「想像もしていなかった1年だった」などとこの1年を振り返った。

 久美子さんはジャズやミュージカルが好きだったことから、一周忌には、配信で手作りの音楽葬を実施。「亡くなり方が衝撃的だったから、皆さん『かわいそう』と言っていて、かわいそうなのかな?と。生き方も素敵で、性格も明るくて、それは違うなと。母はカラっとした性格ですし、しんみりとはしたくなくて、スマイルというテーマで実施して」と語ると、「母に褒めてもらいたくて、母に『よく頑張ったね』と言ってもらいたくて…」と涙をこぼした。

 また父でタレント・大和田獏(70)が、久美子さんの亡骸と面会した時のことについても明かした。

「家族で会えるのは1人だけ。父は最後、母の亡くなった姿を見に行って。母は袋に入れられて、顔だけ透明になっていて。父は『死んでもきれいだなって思った』と言っていた」

 さらに「荼毘に付されるところにも、もちろん行けないと言われて、私も父も家にいて。私なんて、テレビのワイドショーで知りました、母の遺骨が帰ってきたところを。皆さんがご覧になった映像を、私もテレビで見て。こんなことが起きていいのか…って、感情があまりなかった」と振り返った。

関連タグ: