東国原英夫がマッチ退所に「納得できない部分があったのでは」と推測

2021年05月03日 15時58分

東国原英夫

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(63)が3日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~Go!Go!Smile!~」にリモートで出演。近藤真彦がジャニーズ事務所を退所したことを受けて「時代が変わった」「過渡期だと思う」などとコメントした。

 ジャニーズ事務所に40年以上所属していた近藤真彦は、4月30日に事務所の公式ホームページで退所を発表。他の所属タレントへの報告などはなく、事務所内では動揺が広がった。

 これについて東国原は「ひと言で言うと、時代が変わったなという感じ。新しいジャニーズ、新しい芸能界の時代が始まるんじゃないかなと、僕は過渡期だと思っている」と語った。

 近藤は昨年11月、週刊誌に不倫を報じられ、無期限活動自粛処分となっていた。

 東国原は「不倫はいけないことだけど、処分に関しては、僕の勝手な推測だけど、近藤さんの中で納得できない部分があったのでは。1980年代、90年代の苦しい時のジャニーズを支えたのは近藤さん。『僕の功績はどうなんだろう』って思うところがあったのではないか」と推測した。

関連タグ: