立川志らく クルーズ船乗客の下船に「ある程度様子を見てからの方が良かったのではないか」

2021年05月03日 12時08分

立川志らく

 落語家の立川志らく(57)が3日放送のTBS系「ひるおび!」に生出演し、船内で新型コロナウイルスの感染が確認されたクルーズ船「飛鳥2」に言及した。

 番組では、1日に乗客1人の感染が判明し横浜港に帰港した大型クルーズ船「飛鳥2」について専門家を交えて特集。

 日本医科大学特任教授の北村義浩氏が「船の中は普通のホテルに比べて手すりに触る機会などが多いので、意外に接触感染も多いかもしれない」と話すと、志らくは「そしたら、やっぱり、ある程度様子を見てからの方が良かったのではないか」と下船した乗客の感染の可能性を指摘した。

 これにMCの恵俊彰も「港に戻ったあとに皆さんの体調をもうちょっと管理するなど、そこまで含めて検討する必要性があったかもしれませんね」と同調した。

関連タグ: