松本人志「岡本夏生キス訴訟」で”危惧”「すごい危ない仕事にどんどんなってきているなと感じる」

2021年05月02日 11時51分

松本人志

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(57)が2日、フジテレビ系情報バラエティー番組「ワイドナショー」に出演。タレント・ふかわりょう(46)から強引にキスをされたとして、タレント・岡本夏生(55)が1円の損害賠償などを求めた民事訴訟について、コメントした。

 ふかわと岡本は、2016年に都内で開催されたイベントで共演。観客の前で2人は激しい言い争いに発展し、一度ステージが中断。その後、上半身裸になったふかわが、ステージ上で岡本を押し倒して3回キスした。

 東京地裁は4月27日、ふかわに対し、賠償命令の判決を下した。

 番組内では、これについて報じた記事などを紹介。松本は「ふかわくんと岡本さんの関係がどうだったのか。こうなったらふかわくんは謝るしかない」とコメントした。

 さらに松本は「それはそれとして…」と切り出し、「例えば共演したタレントA子さんが話を始めて、全く面白くなくオチもなく、現場が悲惨な空気になって、激しめにツッコんでウケて良かったとなったら」と語った。

 続けて「その夜、ブログかツイッターで『すごく傷ついた』『今も悔しくて寝れません』って言われたら、こっちは負けというか。少なくともそっち側につく人がいる。松本がひどい、松本も潮時だと多分言われてしまう」「主導権は完全に向こうになる。すごい危ない仕事にどんどんなってきているなと感じる」としみじみ。

 さらに「昔なら、ズバーッと、これやと思ったら何も考えんとすぐ言っていたけど。今は3つくらい選んでソフトな方を選んでいる。自分も情けないけど」と私見を述べた。

関連タグ: