近藤真彦がジャニーズ退所で「芸能とレースの道」へ 不倫報道で活動自粛中

2021年04月30日 17時16分

ジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所は30日、不倫報道で芸能活動を自粛していた所属タレントトップ近藤真彦(56)の退所を公式サイトで発表した。

 同事務所によると「弊社所属タレント近藤真彦は、本日、2021年4月30日をもちまして、ジャニーズ事務所を退所し、新たな道へと進みますことをご報告申し上げます」とし、「これまで40年以上にわたり、近藤を応援してくださったファンの皆様、そして、ご支援くださいました関係者の皆様に、心より御礼申し上げます」とつづっている。

 退所については近藤自ら「これからの人生、自分の責任において芸能とレースの道を歩んでいきたい」という申し出があったという。

 同事務所は「弊社としましては、その意向を尊重し、自身で決めた道へと送り出すことといたしました」としている。

 近藤は昨年11月、30代の会社経営の女性Aさんと5年にわたって不倫関係にあることを「週刊文春」が報道。その後、無期限芸能活動を自粛を発表していた。

 近藤は、80年代から「スニーカーぶる~す」「ギンギラギンにさりげなく」「愚か者」などヒット曲を連発したほか、俳優・タレントとしても人気は抜群で、長年ジャニーズを支えてきた功労者だった。

 以下、コメント全文。

 弊社所属タレント近藤真彦は、本日、2021年4月30日をもちまして、ジャニーズ事務所を退所し、新たな道へと進みますことをご報告申し上げます。

 これまで40年以上にわたり、近藤を応援してくださったファンの皆様、そして、ご支援くださいました関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。

 近藤より、これからの人生、自分の責任において芸能とレースの道を歩んでいきたいとの申し出がございましたので、弊社としましては、その意向を尊重し、自身で決めた道へと送り出すことといたしました。

 活動自粛期間中のご報告となりますこと、深くお詫び申し上げます。

 改めまして、ファンの皆様並びに関係者の皆様には、これまで近藤を支えていただきましたことに、心より感謝申し上げます。

 新たな決断をしました近藤真彦を、これからも変わらず、応援していただけますと幸いに存じます。 

関連タグ: