内田理央 5年ぶり写真集は20代の集大成「キュンとしてください」

2021年04月29日 06時00分

内田理央写真集から(C)主婦と生活社、撮影/三瓶康友

 モデルで女優の内田理央(29)の20代ラストグラビアを収めた写真集(タイトル未定、主婦と生活社)が6月23日に発売される。

 前作以来、約5年ぶりとなる同作では、幼なじみをテーマに、女性ファッション誌「ar(アール)」などに登場する内田を撮影。

 内田は胸が見えているのではないかと錯覚してしまう〝ひじおっぱい〟など、大胆な姿を披露している。

 写真集について、内田は「『おいっ、ちょっと見えすぎ!隠してくれよ!』っていうのを狙っていたのですが、撮ってみたら意外と脱いでいて、これは幼なじみを超えているということで審議に(笑い)。男女関係なくキュンとさせる存在! 最強のガールフレンドを目指しました!」とコメント。

 また、見どころについては「史上最高のこれでもか! というお尻寄りの写真が盛りだくさんです。ちょっとドキドキする仕掛けなども」と明かす。

 ファンへ向けては「グラビアは私の原点。今までずっと性別関係なく楽しめるグラビアをモットーに考えてきましたが、その集大成のような写真集ができました。これで20代やり残したことはありません。これを見てキュンとしてください」とコメントを寄せた。

関連タグ: