玉木代表 山尾議員の週刊誌報道を謝罪 フォロワー「議員パス廃止を」「不倫略奪の説明を」

2021年04月28日 18時59分

次々に問題が噴出している山尾議員

 国民民主党の玉木雄一郎代表(51)が28日、ツイッターを更新。“政界のアニー”山尾志桜里議員(46)の「議員パス私的使用疑惑」について謝罪した。

 玉木代表は「山尾志桜里議員の週刊誌報道について、公私の別を曖昧にした議員パスの使用があり、支援者をはじめ国民の皆様を失望させてしまい誠に申し訳ありません。私から厳重注意をした上で、疑念を抱かれないよう、今後、議員パスを使用しないことを本人とも確認しました。党を代表してお詫び申し上げます」と伝えた。

 フォロワーからは「変わらず応援しています」「今後は気を付けてくれればいいです」とエールが寄せられる一方、「山尾さん何度目ですか?」「議員パス廃止すればと思います」「自民に行こうとしてた議員なんか除名でいいんじゃないんですか」「議員パスの件よりも、不倫略奪の件の申し開きを聞きたい」など厳しい声が上がった。

 山尾議員は、国会議員の“特権”である特殊乗車券(議員パス)を私的に使用していた疑いが「週刊文春」で伝えられた。議員パスは国会と選挙区の移動および公務出張のために付与され、JR全線を無料で利用できる。かかる費用は年間10億円以上の税金でまかなわれている。

 山尾議員は“パートナー”の倉持麟太郎弁護士(38)宅に足しげく通う際、議員パスを利用しているという。文春によると、山尾議員と倉持氏は4年前に“W不倫”し、双方の家庭は壊れた。倉持氏に離婚され、親権を取り上げられた元妻は昨年、自ら命を絶ったという。

 子供の頃にミュージカル「アニー」の主役を務め、のちに東大法学部を卒業。検察官から政治家に転身した。民進党所属だった2016年、事務所経費として200万円超のガソリン代(地球5周分)を支出していた問題で、元秘書の不正利用を認めて謝罪し、ネット民から“ガソリーヌ”と呼ばれるようになった。

関連タグ: