1年前とは大違い!小川彩佳アナ 不倫夫とチーフP異動で〝5月病〟に

2021年05月02日 18時00分

いろいろ憂鬱な小川アナ

 夫の不倫騒動で離婚に踏み切るか注目されるTBS系「NEWS23」メインキャスターの小川彩佳アナウンサー(36)が〝5月病〟に直面しているという。

 ゴールデンウイーク明けに学校や会社に「行きたくない!」などと感じる5月病とは違う。

 小川アナの夫でありながら今年2月に愛人女性との不倫を報じられた会社役員・豊田剛一郎氏(36)と、小川アナの父で慶応義塾大名誉教授にして医療企業代表・小川郁氏(65)がともに5月生まれ。本来であればバースデーを祝いたいところだが、豊田氏の不倫で5月を暗~い気持ちで迎えているというのだ。

 豊田氏とは2019年7月に結婚。昨年7月に第1子(性別非公表)を出産した。

「小川さんにとって昨年5月は旦那さん(豊田氏)、お父さん(郁氏)の誕生月でめでたいこと続きだったそうです。コロナ禍で初めて緊急事態宣言が発令された期間で仕事は大変だったけど、ささやかにお祝いしたみたい。ちょうど第1子を出産する前の妊娠8か月ごろで、生まれるのを楽しみにしていた時期でもありました」(知人)

 だが、夫の不倫で小川アナの幸せが壊されたのは周知の通り。

「小川さんはお父さんを尊敬しています。今年の誕生日も祝うでしょう。でも、旦那さんの誕生日はスルーするそうです」(同)

 豊田氏とは離婚する可能性が高いと伝えられている。

 デイリー新潮によれば、小川アナの実兄にも子どもが生まれという。本来であれば大いに祝福したいところだが、小川家の幸せを豊田氏がブチ壊したと手厳しく伝えた。

 一方、4月28日発売の「週刊文春」によれば、小川アナは「NEWS23」の視聴率が伸び悩んでいることに加え、メーン司会に抜てきしてくれたチーフプロデューサーが異動で担当から外れ、正念場を迎えているという。

 ママキャスターは、憂鬱とした5月にどんな決断を下すか。

関連タグ: