世界初!2歳少女が「ねこふんじゃった」同時録音に挑戦

2021年04月28日 04時01分

ののちゃん

「第35回童謡こどもの歌コンクール」で史上最年少銀賞を受賞し、大ブレークしているののちゃん(2=村方乃々佳)が28日、来月26日発売のソロアルバムに収録される「ねこふんじゃった」「いぬのおまわりさん」のレコーディングの様子をユーチューブで公開した。
 
 両曲とも最近ではすっかり珍しくなった同時録音(以下、同録)という手法でレコーディングした。歌手と演奏者が同時に録音するという方法で、誰か一人でもミスをすればすべてやり直しになってしまうため、歌唱力・演奏力・集中力が伴っていないと不可能。制作陣はののちゃんの歌の魅力を生かすには同録が最も適切である判断した。2歳が同録に挑むのはおそらく世界初だ。

「いぬのおまわりさん」を歌う時は、初対面の大人のミュージシャンたちに囲まれ少し緊張の表情を見せながらも、持ち前の抜群の歌唱力と2歳とは思えない集中力を発揮。「泣いてばかりいるこねこちゃん」のことを考えて泣きそうになってしまうほど、歌の世界に入り込みながら歌った。
 
 また「ねこふんじゃった」では、著名なピアニストの小原孝氏と一緒にレコーディング。小さな体を揺らして歌う愛らしい姿はもちろん、大きなピアノのまわりを駆け回ったり下をくぐってみたりと天真らんまんな様子や、ヘアセットやお人形遊びをするオフショットなど、見どころ盛りだくさんのミュージックビデオはファン必見だ。