ジャンポケ・斉藤慎二 息子の成長に笑顔「僕のギャグに笑ってくれる」

2021年04月27日 11時40分

左から「斉藤さんだぞ」をカマしたジャンポケ斉藤、Ami(社会的距離を確保し、撮影の瞬間だけマスクを外しました)

 本紙・虎石晃記者が出演中の「ウイニング競馬」(テレビ東京系)で司会を務める人気お笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二(38)が、都内で行われたファッションブランド「JUNKY MOOD」のプレス発表会に出席した。

 斉藤は新作のジャケットに身を包み、得意のギャグ「斉藤さんだぞ!」を披露。「いやあ、最近、息子が僕のギャグで爆笑してくれるようになりましてね、ハハハ」と幸せな家庭生活を明かした。

 もちろん、これはお決まりのジョーク。このギャグは「トレンディエンジェル」斎藤司(42)の持ちネタだ。仲間のギャグをパクるまでもなく、斉藤はこのところ、オリジナルギャグ「ストレッチャーズのどこにも効かないストレッチ」がバズりまくり、お茶の間の爆笑を誘っている。

 バラエティー番組「有吉の壁」(日本テレビ系)で披露した途端、小中学生を中心にバカ受け。ユーチューブの総再生回数は数百万回を突破し、「日清のお椀で食べるシリーズ」CMに使われるなど、コロナ禍で存在感を増している。同番組からはTT兄弟、KOUGU維新に次ぐヒットキャラとなった。
 
 私生活では美人タレントの瀬戸サオリ(33)と2017年に結婚。19年に第1子の長男を授かった。長男はおめめパッチリで子役レベルの“激かわ”赤ちゃんとして知られており、Eテレの幼児番組に出演するなど大の子供好きの斉藤は、わが子をでき愛している。

 最近、大好きなパパをテレビで見かけると、大喜びではしゃぐという。斉藤の一番のファンのようだ。ちなみにメンバーのおたけ(38)、太田博久(37)のギャグにはあまり反応しないとか。

 この日は、美人ハーフタレント・マリアン(59)の次女で“インスタの女神”として大人気のAmi(26)も会場を訪れた。Amiはこれまで“ダメ男”に騙されてきただけに、大の愛妻家、家族好きである斉藤のノロケ話に耳を傾け「理想のダンナさん、理想の家族だと思う」と憧れを抱いていた。

関連タグ: