ゆきぽよ〝貝殻ビキニ〟に戸惑いと満足感「どうすんの?これ…」

2021年04月27日 09時00分

ゆきぽよ写真集の表紙(C)光文社/週刊FLASH、写真・岡本武志

 モデル、バラエティーで活躍するギャルタレント・ゆきぽよ(24)が27日発売の週刊FLASHで、5月25日に発売するサード写真集「はじめまして」(光文社刊)の先行カットを公開した。

 ゆきぽよは「ライザップ」のトレーニングで体重4・6キロ、ウエスト11・7センチ減のダイエットに成功。その美ボディーを余すことなく見せつけるため、写真集では体のラインを一切修整しない「無修整ボディー」をテーマにした。

 2週連続となる先行公開では「貝殻ビキニ」を掲載。貝殻をつないだヒモ、ネックレスのような際どい水着でバストトップを隠すというもの。開放感あふれる沖縄で撮影した160ページの写真集は開放感あふれる素顔のゆきぽよを表現している。

 ゆきぽよは「貝殻の撮影は、最初『どうすんの?これ』って感じでしたが、出来上がりを見るととてもいい感じでした。海外のアーティストになりましたね」と満足げ。「無修整についてもそうですが、やったことのないものに挑戦するって勇気がいりますが、受け止めてくれるスタッフさんに『えいやっ!』って任せて、自分ができることをしっかりやれば、新しい自分を発見できます。この写真集では、その小さな積み重ねが形になっていると思います」とコメントしている。

 なお、インタビューでは1月の週刊誌報道から2か月ぶりに、人前で撮影した沖縄ロケで「心が救われた出来事があった」と告白している。

☆ゆきぽよ(本名・木村有希)=1996年10月23日生まれ、神奈川県出身。T157・B82・W58・H86)12年、雑誌「egg」の読者モデルとしてデビュー。17年の恋愛リアリティー番組「バチェラー・ジャパン・シーズン1」で大ブレークした。

関連タグ: