カラフルスクリーム 延期ライブを無観客開催「誰が悪いわけではないけど…申し訳ない」

2021年04月26日 17時55分

カラフルスクリームの(左から)れん、あみ、かれん、かのん、ゆうか、さや、なこ

 関西を中心に活動するアイドルグループ「カラフルスクリーム」が25日、大阪市の大阪城音楽堂でワンマンライブ「YAooooooN!でわっしょい~お待たせしましたけーぴーからすく~」を開催した。

 このライブは昨年12月6日に開催予定だったが、コロナ禍の影響が重なり延期となっていたもので、メンバーとファンにとっては待ちに待った一大イベントだ。

 しかし、本番当日の緊急事態宣言発令により事態は一変。「たった1日の差で…」と多くのファンが悔しさを感じながら開催を危ぶんだが、グループが選んだのは無観客・配信のみでの開催だった。

 リーダーのかのんは「ファンの方々がずっと待ってくれていたのに無観客開催になって、誰が悪いわけではないけど申し訳ないし、悔しい気持ちでした。でも、スタッフの方々が準備をしてくれていたから、急きょでも中止ではなく配信でやることができたんだと思います。そのおかげで、たくさんの人に見てもらえてワンマンライブを成功させることができました。本当によかったです!」と充実の表情を見せた。

 なお、かのんは直前に左肩を脱臼するというアクシデントに見舞われ、三角巾で腕を吊った状態で登場。ファンを騒然とさせた。さらに中盤からはそれを外し、最後まで力のこもったパフォーマンスを披露。相当に張り詰めたものがあったのか、ラストのMCではいつも凛とした表情でグループを引っ張る彼女が思わず涙を見せる場面もあり、ファンの心に大きな印象を残した。

「夢の髄まで食べつくせ!!!!!!!」から始まったライブは、無観客のステージとは思えない熱いエネルギーがほとばしるもので、ファンも配信のチャットとツイッター上で相当に盛り上がっていた。

 また、このライブは翌日にグループ卒業を控えた最年少メンバー、さやのラストワンマンとしても特別な意味があった。最年少ながら抜群のダンススキルでグループを引っ張ってきたさやは「いつも通り楽しんで、悔いのないライブを届けることを思いながら挑みました! 笑顔で終われたのでハッピーです!」とコメント。その言葉通りのパワフルなボーカルとキレのあるダンスでステージを盛り上げていた。

 延期を経た末に、1日の差によって無観客配信になるという逆境の中で開催されたカラフルスクリームのワンマンライブは、関西アイドル界屈指の〝みんなを幸せにする曲〟である「幸せの見つけ方」で大団円を迎えた。

 カラフルスクリームが次に挑むのは7月のアルバム発売、そして夏から始まる全国ツアーだ。もちろん、コロナ禍の中でスムーズに開催されるかは予断を許さないが、かのんは「どんな状況でも変わらないカラフルスクリームの良さを出して行けるように頑張ります」と語った。

関連タグ: