サウナ騒動の冨田裕樹・池田市長が辞職へ「高齢者へのワクチン接種が終わるタイミングで」

2021年04月26日 17時15分

会見を行った冨田裕樹市長

 市役所へのサウナを持ち込みや職員へのパワハラ疑惑が指摘されていた大阪・池田市の冨田裕樹市長(44)が26日、同市役所で会見を開き、辞職の意向を表明した。

 冨田氏は昨年10月、市庁舎に家庭用サウナなどを持ち込んでいたことが週刊誌に報じられ、市議会の百条委員会による調査が始まると、副市長や職員に対するパワハラ疑惑も浮上するなど物議を醸していた。

 会見冒頭、「サウナ問題によって世間をお騒がせし、市民の皆様にご心配とご迷惑をお掛けした。市政を停滞させたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪すると、「一連の騒動のけじめと責任をとるため、市長を辞職します」と表明。時期については、新型コロナウイルスの第4波が深刻な状況にあることから「高齢者へのワクチン接種が終わるタイミングで辞職します」と明かした。

 池田市は27日に臨時の市議会を開催する。「辞職して民意を問うべき」とした百条委の決議案が審議される見込みだが、冨田氏は「不信任案が可決されると選挙になる。高齢者を危険にさらすべきではない。議会が高齢者を危険にさらさないような取り計らいをすると期待している」と議会をけん制した。

 サウナ騒動を辞職の理由に挙げる一方で、「私は池田市の政治の闇と戦ってきた」と訴え、一連の騒動を「政治・権力闘争の政争の具とされた」と主張。周到に用意していたフリップを持ち出し「こうした政治を市民の皆さんは非常に知っている。政治の陰湿さを刷新してほしいというものが改善されないと、池田の未来はないと市民は分かっている。私にも反省すべきところ、不徳の致すところがたくさんあった。池田の闇の部分は解決しないといけない。市民は理解してくれてると思う」と語った。

 出直し選挙となった場合、再出馬する可能性については「その可能性は十分にある」と話した。

関連タグ: