勝地涼と壮絶夫婦ゲンカ!前田敦子 周囲もビビった「ヨーグルト事件」

2021年04月26日 11時15分

思わぬ強肩ぶりが明らかになった前田
思わぬ強肩ぶりが明らかになった前田

 23日に離婚したことを発表した元AKB48で女優の前田敦子(29)と俳優の勝地涼(34)は、わずか3年間の結婚生活の間、夫婦ゲンカが絶えなかった。ケンカの激しさはモノが飛び交うほどだそうで、知人らは、アイドル時代に伝説となった“ヨーグルト事件”に重ねているという。知る人ぞ知る、前田の“強肩”とは?

 前田は23日、自身のインスタグラムで「私事ですが、私、前田敦子は、勝地涼さんと何度も話し合いを重ね、過日、離婚届けを提出したことをご報告いたします」と報告。勝地も同日、所属事務所の公式ホームページで離婚を報告した。

 2人は2015年の日本テレビ系ドラマ「ど根性ガエル」で初共演。当初は友人関係だったが18年春に交際に発展し、同年7月に結婚した。19年3月に長男が誕生した。

 しかし昨年6月に別居が報じられ、今年1月には離婚協議中であることが発覚。前田は自身のインスタで、離婚について「3年間の結婚生活において生活スタイルや価値観の違いで、少しずつ、お互いの歩幅や方向が変わり、別々の道を歩くことになりました」と説明した。

 19年5月には「週刊文春」に、路上で前田が勝地にキレてにらみつける“路上ゲンカ”を写真付きでスクープされるなど、何度となく夫婦ゲンカとともに離婚危機が報じられてきた。一部週刊誌では、前田が骨折するほど激しいケンカだったと伝えている。

 知人の間でもケンカの激しさは知られていた。「お互い素直で短気な性格は似ており、育児をめぐり、たびたび衝突していた。ワンオペ育児にストレスを抱えた前田が勝地を怒鳴りつけ、モノを投げつけることもあった」とは、2人を知るドラマ関係者。

 アイドル時代から感情の起伏が激しいことで知られる前田。自らの性格について本人も「すぐパニックになる性格」と告白。前田の知人らは勝地にモノを投げつける姿に、伝説化している“ヨーグルト事件”と重ねる声もあったという。

「AKBのセンターとして超多忙だったころ、ストレスを抱えた前田さんは差し入れで用意されたヨーグルトが気に入らず、中身が入ったままカップを投げたこともありました。高さ3メートルの放物線を描き、10メートル以上は飛んだのではないでしょうか。『あっちゃん、肩が強いね…』とささやき合っていたものです。夫婦ゲンカも激しかったのでしょうね」(元アイドルA子)

 勝地を含め、過去の恋愛でも友人らに大ゲンカを見せてきた前田。破局したと思ったら後日、ラブラブモードで登場し、周囲を戸惑わせたことも多かったという。

 前田は子供の将来を考え、別居中も関係修復を模索したが、結局は夫婦の溝は埋まらなかった。

「前田が親権を持ちますが、子供好きの勝地の意向もあり、会うことはできるようです。それでも前田は女優として海外志向を明かしており、将来的に日本を離れる可能性もある。そうなると、勝地も息子に会うことは難しくなるかもしれません」(芸能プロ関係者)

 前田は25日、自身のインスタを更新し、高級ブランド「グッチ」のオープニングプレビューを訪れたことを報告。花柄のワンピース姿で満面の笑みを浮かべる写真を投稿した。

 ファンからは笑顔を絶賛する書き込みであふれ、「あっちゃん、前を向いて進んでいきましょうね」などと応援するコメントも寄せられた。

 昨年12月末をもって、AKB時代から所属していた太田プロダクションを退社し、個人事務所で活動中。育児をしながら、仕事のスケジュール管理なども自身で行うなど奮闘中だ。

関連タグ:
 

ピックアップ