大橋未歩 週刊誌に追われた過去を回想「カップルを装って男女二人一組で…」

2021年04月25日 11時41分

大橋未歩

 フリーアナウンサーの大橋未歩(42)が25日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。自身が経験した突撃取材の詳細を赤裸々に語った。

 番組では雑誌記者が歌手の華原朋美(46)の腕をつかむなどしたとして暴行の疑いで現行犯逮捕された事件を報じた。

 「写真週刊誌やいきなり撮られた経験はあるか」と聞かれた大橋は「ありますね。生放送のときはいつ終わるかはっきり分かってしまうので、社の前で待たれてしまったりとか追いかけられたりとか」と告白。

 取材時について「突撃した記者はカップルを装って男女二人一組。男性の方がグイグイ聞いてきて女性が私の味方っていう感じでどんどん心を開かせてインタビューしていく。巧妙な手口なものもあった」と振り返った。

 この事実を会社の上司に伝えたところ意外な返答があったそう。「でかしたって言われた。顔を出している以上、写真週刊誌に狙われるってことも知名度の証しになるからって」と明かしたうえで「週刊誌のすべてを否定するのも難しいんだろうなって思う」とコメントした。

関連タグ: