野村修也氏 原発処理水海洋放出をめぐる韓国の方針転換に「何が良識的かを考えた結果です」

2021年04月20日 17時48分

東京電力

 弁護士の野村修也氏が20日、ツイッターで福島原発の処理水をめぐる韓国の反応に言及した。

 韓国は福島第一原発の処理水放出について、強く反発していたが、19日チョン・ウィヨン外相が「IAEA(国際原子力機関)の基準に適合するなら反対しない」と方針を転換した。

 これについて野村氏は「韓国が方針転換です。何が良識的かを考えた結果だと思われます」と韓国の意向を歓迎した。

 韓国政府は処理水の海洋放出について「絶対に受け入れられない」と強く反発していた。

関連タグ: