コワモテ俳優・小沢仁志にギャップ萌え? 合唱にはまる極道をポップな水色のスーツで演じる

2021年04月16日 14時29分

左から内田英治氏、真飛聖、小沢仁志、新羅慎二、吉村界人、餅田コシヒカリ

 俳優・小沢仁志(58)、湘南乃風の若旦那こと新羅慎二(45)らが16日、都内で配信ドラマ「列島制覇―非道のうさぎ―」(U―NEXT)の配信記念舞台あいさつに登壇した。

 同作は、非道のうさぎと恐れられた主人公の宇佐木(小沢仁志)が、15年の服役後に合唱の魅力に取りつかれ、極道稼業と合唱の狭間で揺れ動くストーリー。

 同作では、映画「ミッドナイトスワン」などで知られる内田英治氏(50)が監督を務めた。

 小沢は、劇中で合唱団の衣装として使用したポップな水色のスーツで登場。

 衣装について小沢は「監督が日本アカデミー賞作品賞を取ったお祝いで、お揃いのタキシードを着てくださいと言われた」「監督がこのスーツをニコニコしながら出してきた時、俺は終わったな…と思った」と笑わせた。

 また劇中で、小沢の兄弟分を演じた新羅は「僕は合唱をしていない。でもちょっと歌ったりもする」と明かした。

 これに小沢は「合唱はないけど、年末のRIZINでへったくそな歌唱をしていたよなー」と鋭くツッコみ、笑わせた。

関連タグ: