元TBS笹川友里アナと夫・太田雄貴に隠し事はなし! 共通のスタッフが監視

2021年04月16日 06時15分

イベントに登場した笹川友里アナ
イベントに登場した笹川友里アナ

 4月から新生活が始まったが、ひと足早く心機一転を図った元局アナがいる。2月末でTBSを退社し、フリーに転じた笹川友里(30)だ。

 笹川アナは、フェンシングの五輪銀メダリストで日本フェンシング協会の太田雄貴会長(35)の妻で、1歳長女を育てるママでもある。

 3月22日にはインスタグラムで、個人事務所「setten」を設立したと報告。「今はたった一人の会社です」と記していたが、太田氏の学生時代の同級生A氏が同事務所のスタッフを務めるようになったという。

「元々は太田氏とAさんが学生時代の同級生で、仲が良かったんです。太田氏がフェンシングの現役を引退(2016年)した後、そのマネジメント業務をAさんが担当したほどで、今も関係は良好です。その縁もあってAさんは、笹川アナの個人事務所スタッフを務めるようになったそうです」(笹川アナの知人)

 一人のスタッフが過去に夫、現在は妻のマネジメントを担当する珍しいケースだ。これには利点もあるという。

「Aさんは太田氏、笹川さん双方とコミュニケーションが取れます。つまり、Aさんは夫妻の最新情報をキャッチできる。だから、太田氏、笹川さんに怪しい異性関係があってもすぐバレると、周囲は苦笑いしているんです」(同)

 もっとも、2人にはそんな心配は無用だろう。

 太田氏は日夜、フェンシングの普及に尽力している。一方、笹川アナは、3月からファッション誌「VERY」でモデルに挑戦。15日には、都内で行われた「今日は家族で話そうよ!With Bistro Do」発表イベントでMCを務めた。「(太田氏は)食へのこだわりがスゴい。作り置きは好きじゃない。〝あったかいモノを食べたい〟と」と、出来立ての料理を出しているという。

 夫婦で支え合っているようだ。

関連タグ: