西島秀俊が「古代エジプト展」音声ガイドに挑戦「50点くらい。まだまだ頑張らないと」

2021年04月15日 16時14分

「古代エジプト展」オープニングイベントに登場した西島秀俊
「古代エジプト展」オープニングイベントに登場した西島秀俊

 俳優・西島秀俊(50)が15日、東京・渋谷区の「Bunkamura ザ・ミュージアム」で「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展―美しき棺のメッセージ―」(16日~6月27日まで)のオープニングイベントに出席した。

 同展では、世界で最も古い国立博物館のひとつで、オランダにあるライデン国立古代博物館の所蔵品の中から、エジプト・コレクション200点以上が展示。人や動物のミイラ、棺、石碑などの作品、遺物が集結した。

 今回は、ミイラを保護していた棺を立てて立体的に展示。

 棺がずらりと並んだ空間に、西島は「正直怖い(笑い)。すごくミステリアスな空気を感じていただける」と語った。

 棺には、時代によって様々な図や文字が記されており「棺の中だったり、背面などの普段隠れているところが展示されている。棺の名前が隠されいて、歴史を修正しようとしている様子だったり、棺の中に女性の神様がいて遺体を抱いているなど、面白い」と感想を述べた。

 また西島は、同展のオフィシャルナビゲーターとして音声ガイドも担当。「難しかった。(音声ガイドの点数は)50点くらい。僕はいろんな展覧会でいつも音声ガイドを聞いていて、自然と入ってくる感じとかを体験していたけど、自分のガイドを聞くと、正直まだまだこれから頑張らないと、と思った」と語った。

関連タグ: